スマナサーラ長老のヒント②

ヒント①の続きです (『ブッダの実践心理学』第一巻 p253~254、p248より) 『お釈迦様ご自身は、伝説や神話の枠組みや物語の中に上手にはめ込んで、世間のことについても、ご自分がお考えになったことや分かったことを言い残しておられます。とてもきめ細か…

無料で生きられる時代へ

目次 証言者たち 現存する高度なテクノロジー 私たちから変化が起こる ※無料で生きられるようになる理由は「現存する高度なテクノロジー」から説明しています。 証言者たち 私は2016年に初めて「コブラ」というコードネームで活動している人物を知り、そこか…

レプリケーターまとめ

驚くべきことに、物質を量子レベルから構築できる「レプリケーター」という技術装置が既に存在するそうです。ここではコブラやコーリーがレプリケーターやヒーリングテクノロジーについて言及している箇所をいくつか集めました。 掲載元はNow Creationさん …

スマナサーラ長老のヒント①

ここではスマナサーラ長老が地球で起きていることを暗に示していたと思われる箇所、あるいは超能力(神通力)、輪廻転生、宇宙、地球外生命などについて語っている箇所をピックアップしてみました。コブラやコーリーたちの関連する情報も一緒に載せています…

ジェームズコズボーの証言(はじめに)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 ・ジェームズコズボーについて 彼はNSA(アメリカ国家安全保障局)によるマインドコントロール計画、「マネキン計画(Project Mannequin)」の被害者のようです。一方で極秘任務に携わ…

ジェームズコズボーの証言(第6章)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 [原文Chapter6]はこちら 下の文書は、私のUMBRA-1 NSAセキュリティクリアランスです。 http://www.bibliotecapleyades.net/imagenes_ciencia/mannequin03b_01.gif http://www.bibliote…

ジェームズコズボーの証言(第5章)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 [原文Chapter5]はこちら 1981年-5歳。二人の男に、ロンドンのフェンチリーにあるチャルグローブ小学校から連れられ、グリーンハムコモン軍事基地に車で連れていかれました。グリーン…

ジェームズコズボーの証言(第4章-後編)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 第4章は長いので前編と後編に分けました。これは「後編」です。 [原文Chapter4]はこちら ETの状況に関して何が起こっているのか知っている私の仲間は、この情報を世間にさらすことを無…

ジェームズコズボーの証言(第4章-前編)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 第4章は長いので前編と後編に分けました。これは「前編」です。 [原文Chapter4]はこちら 1934年パナマでのグレイおよび米国政府/ UNIT条約の時、UNITは、レプティリアンETが米国西部の…

ジェームズコズボーの証言(第3章)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 [原文Chapter3]はこちら 1970年代では、イギリスとアメリカで膨大な数のマインドコントロール計画が進行中で、社会の多くの分野に影響を与え始め、横行しました。第二次世界大戦中にナ…

ジェームズコズボーの証言(第2章)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 [原文Chapter2]はこちら この文書が今までに類を見ないものであるその理由は、私の証言に加えて、諜報機関上層の人物からの実際の通知文が含まれているからです。彼らのうちの一人は第…

ジェームズコズボーの証言(第1章)

はじめに|第1章|第2章|第3章|第4章-前編・後編|第5章|第6章 [原文Chapter1]はこちら 私の名前はジェームズ・マイケル・コズボーです。私の人生とその証拠を以下に記します。私は1976年ロンドンに生まれました。私は出生前に諜報機関のマインドコ…

初期仏教を学ぶ人(特に「ブッダの実践心理学」を読んでいる人)に少し聞いてもらいたいこと

私は3年ほど前にスマナサーラ長老のことを知り、それ以来初期仏教を学んでいます。そして半年ほど前にある動画に出会いました。そこではアレックス・コリアーという人物が自身の体験を語っていました(下にリンクを貼っています)。最初の方は「おもしろい…